ALLシーズンいつでも施術可能な脱毛サロン・脱毛クリニックがおすすめ!全国に店舗を構える人気サロンやクリニックを厳選し、最新のキャンペーン情報やお得な特典など、随時更新していきます!部分脱毛や全身脱毛などお好みによってサロンをチョイスするのもOK!【脱毛サロン・医療脱毛・全身脱毛・VIO脱毛】

【datsumou-ikejyo.com】
【datsumou-ikejyo.com】

小学生でも脱毛できるの?料金はいくらかかる?子供脱毛について調べてみた!

投稿日:

脱毛 小学生
ここ数年の間に、小学1年生…年齢にしてまだ7歳なのに自分の毛深さに気づき悩み始める子も。

傷ついている子供を心配して何とかしてあげたい親、毛深さが遺伝してしまって申し訳なく思っている親も増えているようです。

ムダ毛の悩み解決には、自宅で手軽にできる「カミソリで剃る」・「電気シェーバーで剃る」といった方法もありますが、最近では「脱毛」という選択肢を選ぶケースも多い様子。

果たして、小学生に「脱毛」は有りなのか無しなのか?気になる疑問点をピックアップし、検証していきましょう。

そもそも小学生って脱毛できるの?

小学生といえば成長期真っただ中。大人に比べると肌が弱く、できるだけ強い刺激は避けてあげたい年頃です。そんな小学生でも脱毛ができるのかというと、答えは「できます」。

全国には子供でも脱毛できるサロン・クリニックがいくつもあり、ニーズがあれば他県でも脱毛施術を受けに行く親子も多くなっているようです。

例えば、脱毛サロンなら3歳からでもOKな「ディオーネ」、7歳からOKの「エピレ」・「エステティックTBC」、10歳からOKの「アドラーブル」など。レーザー脱毛が可能なクリニックでも、子供を受け入れているところがあります。

小学生の脱毛って大丈夫!?気になる疑問をピックアップ!

大人の女性でも脱毛に不安を感じる点が多いのに、小学生にはリスクが大きすぎるのでは?と気になりますよね。

小学生でも脱毛をして大丈夫なのか…。疑問点を解決していきましょう。

小学生が脱毛施術を受けて大丈夫?

子供のデリケートな肌でも施術可能な脱毛機器、もしくは子供向けに開発された脱毛機器を使って脱毛施術が行われます。

大人で使用される脱毛機器ではないので、安心して施術を受けられるようです。

どんな脱毛施術が受けられるの?

サロンでは、小学生の肌質向きに開発された脱毛機器で“ハイパースキン脱毛”という施術が受けられます。

36~38度程度の光で発毛を促すバルジ領域にアプローチし、毛が生えにくくなるという特徴をもつ施術方法です。

メリット点

・痛みをほとんど感じない!温かみを感じる程度の刺激なので小学生でも安心
・肌への刺激は少なめ!肌トラブルを引き起こす心配なし
・敏感肌、日焼け肌でも施術OK
・産毛にも効果的
・早いスパンで通えるので満足いく効果も早く得られる(週2~3で1回OK)
・ハイパースキンの光にはコラーゲンを生成する効果あり!キメ細やかな毛穴の目立たない肌が実現する

クリニックでは、蓄熱式脱毛機器「ソプラノアイス」でレーザーによる脱毛施術が受けられます。

皮下に熱を蓄えて毛包を破壊し、毛の再生を防ぐ・高性能冷却装置で肌を冷やしながら施術するという特徴があります。

メリット点

・蓄熱式+冷却装置があるからレーザーでも痛みがほとんどない
・敏感肌や日焼け肌でも施術OK
・産毛にも効果的
・施術は短時間で、数回で満足いく効果が得られる
・光脱毛より高い効果が期待できる

紹介した方法はほんの一部。エピレはサロンオリジナルの脱毛機器を使用している他、アドラーブルも独自の施術方法となるTHR(サーモヒートリムーバー)方式で施術を行います。

小学生にとって痛みの強さはどう?

小学生でも脱毛は可能
現在、子供の脱毛を受け付けている脱毛サロン・クリニックでは、痛みの少ない(ほとんど感じない程度)施術が行える脱毛機器を導入しています。

小学生の脱毛事例も増えており、痛みで断念する症例は少ないようですが、痛みの感じ方は個人差があります。

カウンセリング時にテスト照射を申し出て、体験してから決めると良いでしょう。

成長期の体に悪い影響はない?

「肌に照射する光やレーザーが成長期の体に悪い影響を与えないか?」という点ですが、身体の成長に関しては特にデメリットとなる点はないようです。

ただし、肌トラブルを起こす可能性はあります。

考えられる肌トラブルって何?

子供の肌は大人の肌より薄く、皮脂量も少なめなので乾燥しがち。そんな肌に光やレーザーをあてて脱毛するのですから、肌トラブルを引き起こすリスクは非常に高いと言われています。

肌トラブルの恐れ

・乾燥肌への施術:バリア機能が低く、かゆみや肌荒れなどを引き起こす可能性がある
・施術前後の日焼け:火傷を負う、シミになる可能性がある

この他にも予期せぬ肌トラブルが起こる可能性はありますが、保湿を心がける、施術時の注意事項を守る等で防ぐことができるでしょう。

子供の脱毛ってどのくらい通えば完了する?大人との回数を比較

10歳前後になると、子供は第2次成長期に入ります。この頃の毛周期は安定しておらず、毛の生え変わるタイミングも太さもバラバラ。

このタイミングで脱毛施術を受けるとどうなるのかというと、今存在している毛包にはアプローチが可能です。

施術を繰り返すほど「毛が薄くなる→少なくなる→生えてこなくなる」といった大人の脱毛施術と同じ効果が期待できます。

サロンで脱毛施術を受けた場合、ムダ毛が気にならなくなる程度でいいなら5~6回、ツルスベ肌を目指すなら12~18回程度必要。クリニックならもう少し回数が少なくても同じような効果が得られるでしょう(※使用する脱毛機器や肌質・毛質で個人差あり)。

ただし、注意が必要なのは毛周期が安定していないので、大人よりも想定していた回数が多めになる場合があるかもしれません。

また、今はまだ存在していない毛包=成長過程で新しくできる毛包・毛根から新しく毛が生えてくる可能性もあります。

小学生の段階で脱毛が完了することはほとんどない、と言ってもいいしょう。

通うとしたらどんなペースで施術が進むの?

脱毛機器によっては2~3週間に1回通えるケースもあるようですが、2ヶ月に1度通うというペースが一般的なようです。

子供の肌への負担・リスク・肌質・毛質など、サロンやクリニックで通うペースを相談してみましょう。

どこの部位が人気なの?

子供がムダ毛を気にする部位は、露出度が高い場所。鼻下・肘下・膝下が特に人気の高い部位のようです。ただ、サロンやクリニックによっては顔の施術を受け付けていないところも…。

強いコンプレックスを感じているのであれば、顔を脱毛できるサロン・クリニックを探し、脱毛してあげるといいですね。

クリニック おでこ 鼻下 肘下 膝下
ディオーネ - -
エピレ -
アドラーブル

どんな悩みで脱毛を始めているの?

脱毛施術をする小学生は、具体的にどのような悩みで脱毛を決断したのでしょうか?

・習い事(ダンス・バレエ・水泳など)で肌を露出する機会が多く、毎回処理する・してあげるのが大変。
・子供がムダ毛を機にしていて、カミソリやシェーバーで頻繁に処理している。肌荒れやくすみの原因にならないか心配。
・体操服を着たときに毛の濃さを指摘され、体育の時間や露出の多い服を非常に嫌がる。
・頬の産毛や鼻の下の産毛が濃く、友人にからかわれる。

このような悩みがきっかけで、最善の策を検討するうちに脱毛を選択する人が多くなっているようです。

小学生が脱毛施術を行うメリットは?

子供脱毛のメリット

小学生なら比較的時間をとりやすい

習い事が多い小学生が増えていますが、それでも中学生や高校生に比べると自由に使える時間は多め。

予約が入れやすく、脱毛計画もスムーズに進めることができるでしょう。

悩みから解放されて自分に自信がつく

小学生は傷つきやすく、思いつめると引っ込み思案な性格に…。脱毛でムダ毛がキレイになれば自信がつき、明るく、積極的にお友達と接するようになるでしょう。

自己処理の手間から解放される

ムダ毛は、自己処理をしていても1週間で目立ち始めます。そのたびに自己処理しなくてはいけないし、親にシェービングを頼まないといけないことがストレスになることも。

脱毛をしてしまえば、親子共に自己処理の手間や自己処理にかける時間をとる必要がなくなります。

肌トラブルの危険から解放される

自己処理で一番怖いのが、繰り返すことによる“くすみやキズ・色素沈着・埋没毛”といった肌トラブルです。気づかぬうちに取り返しのつかない肌になってしまうことも…。

その点、脱毛をしてしまえば肌トラブルのないきれいなツルスベ肌が手に入ります。

小学生で脱毛開始!決断する時の注意事項は?

サロンやクリニックによって異なりますが、脱毛にかかる料金は大人とほぼ同じ。

回数を増やせば増やすほどかかる料金は高額になります。しかも成長過程にある子供の脱毛ですから、今後もう一度脱毛施術が必要な時期が来る可能性も…。

子供の悩みを解決してあげるために完璧な施術プランを契約するのも1つですが、数回にとどめて様子を見るのも1つ。成長期が終わり、ホルモンバランスが整う頃には毛が薄くなる部位もあるかもしれません。

様々な選択肢をあげ、最善のプランを選ぶようにしましょう。

子供に“脱毛施術をしたい”という強い意志があるかどうか

親にムダ毛を脱毛させてあげたいという気持ちがあっても、子供に脱毛をしたい意志がない場合は脱毛施術をおすすめできません。

脱毛施術を続ける間、日常生活において制限されることや注意事項、施術への不安も多くなります。本人の脱毛への意志が強くないと乗り越えられないかもしれません。

子供が脱毛施術を行う際のリスクを理解しているか

日焼けNG

サロンやクリニックでは日焼け肌でも施術できる脱毛機器を導入していますが、過度な日焼け・日焼け直後では施術を行ってもらえません。また、施術後も痛みやシミを回避するため日焼けは避けなくてはいけません。

日常生活での肌トラブルNG

ケガや傷、虫刺されがあると施術できない場合もあります。自己処理に毛抜きを使ってしまった、カミソリ負けしている、といった肌トラブルも脱毛施術に支障をきたす可能性があります。

通い続ける必要がある

脱毛施術は何度か施術を繰り返さないと満足いく効果は得られません。1度では終わらないことを理解しておく必要があります。

施術後でもムダ毛が生えてくる可能性がある

脱毛施術が完了した後にできた毛根から毛が生えてくる可能性があります。

施術による肌トラブル

子供向けの脱毛が行えるとは言え、成長過程でデリケートな肌でのトラブルは予想不可能。かゆみが強い、赤くなるなど何かしらのトラブルを起こす可能性があります。

小学生の脱毛はOK!でもリスクを理解して慎重な判断を!

子供脱毛まとめ
小学生でもムダ毛が気になるようであれば、脱毛施術が可能です。痛みや肌トラブル等、気になることがあるかもしれませんが、子供の脱毛を引き受けているサロン・クリニックであれば安全に、安心して施術を受けられるでしょう。

小学生で脱毛施術を希望する前に振り返っておきたいのが、

・本人の強い意志があるか
・様々なリスクを親子ともども把握できているか(日焼け・日常生活での注意事項・継続性・施術による肌トラブル・金銭問題など)

といった点です。この点を振り返って少しでも気になる点があるのなら、定期的に電気シェーバーで処理してあげて様子をみるのがベストかもしれません。

もしお子さんの悩みが深刻なものなら、「脱毛施術」で解決してあげるのも1つの手。大事な小学校生活、明るく毎日を過ごしてもらいたいですよね。

-脱毛に関する知識

Copyright© 【datsumou-ikejyo】~脱毛のすべて2020~ , 2020 All Rights Reserved.

トップへ